The Vietnam War

PBSのベトナム戦争を描いたドキュメンタリーシリーズを見た。
全部で10話。非常によく取れていると思う。
色々と思うところがあるので、書き残しておきたい
・資源の奪い合いでもなく、国も防衛でもなく、単なるイデオロギーのための戦争
古くから戦争は領土拡大、資源獲得のためにあった。攻められた側は国の防衛のために戦う。ベトナム戦争はこれらの目的の何れにも該当しない非常に不可解な戦争だ。共産主義というマルクスが発明したイデオロギーを防ぐために、250万人近くの命が失われた。イデオロギーは、時代によって進化する。今やベトナムもドイモイ政策のお陰で市場経済に移行。果たして何のために米国が戦ったのか。
・戦争の発端は非常に些細なものから始まる
米国の最初の軍事行動は、双方の誤解によってスタートした。当時、両国の緊張関係はあったが、どちかも戦争には否定的であって、それをなんとか回避しようとしていた。残念ながら双方間のコミュニケーションチャネルがないので、相手が本気で戦争を仕掛けていると思い込み、弱気に対応したら不味いということで、ズルズルと戦争が拡大して行った。外交チャネルの重要性を感じる。今日における、各国間の摩擦も、ひょっとした拍子で全面戦争に拡散する可能性がある
・米国の情報公開は徹底されており、過去の大統領の肉声がテープに残っている
PBSのドキュメンタリーの中で、過去の大統領のプライベートの電話録音がよく引用されている。どんなにセンシティブな内容でも、処分されていないのはすごい。歴史は時間が経つとともに、都合のいいように書き換えるのが常だが、ファクトが残っているとそれが限りなく難しくなる。IoT化している現在、仮にすべてのデータが残されるのであれば、歴史学者が解釈できる範囲は随分と狭くなるだろう。
・国が存続するためには、国民のサポートが不可欠。軍事力ではない
南ベトナムは初期から米国の多大な軍事的支援を受けていたのだが、政府が腐敗していて圧倒的不人気だった。数十回のクーデターが起こり、国民に支持された政府はついに生まれなかった。民主主義でも独裁政権でも結局のところ、国民のサポートがないと何もできない。独裁政権は0・1で極端に政権が反応するが、民主主義は段階的にそれを吸収するの違いしかない。初期から米国はそれを認識していたにも関わらず、支援を続けていたのは、政治家の限界を示している
・民主主義において、大統領の最重要課題は選挙
大統領のテープの中で、選挙に勝つためというフレーズが頻繁に出てくる。事実、ニクソンは平和をもたらす機会があったが、選挙のために何回も意図的にパスした。勿論選挙が公正という前提であれば、選挙の結果は民意なので、それを重視するのは間違いはないのだが、局所的に機能していない場面が見受けられる。四半期決算を追う上場企業のCEOに近い。歴史に残る大統領は、選挙を超えた大義を見出さないといけないのではないか

American Sniper

Clint Eastwoodは僕が最も好きな監督。今年で84歳。
もう彼の新作を見ることはないと覚悟したが、先ほどAmerican Sniperを見た。
American-Sniper-Movie-Wallpaper-5.jpg
American Sniper – Official Trailer [HD]
彼が持つこういった才能は複製ができない上に、世界に一つしかないユニークさを持っている。その才能がそう遠くないうちにこの世界から失われるかも知れないのに、それをどうすることもできない我々人類はまだ発展途上ということだ。

Movies

この1年で恐らく20作を超える映画を見たが、これといったヒット作は少なかった。特に新しい映画での収獲は殆どない。その中でぜひオススメしたい二作をご紹介したいと思う。
Life of Pi

日本では1月中旬から公開されているようだが、中国では11月末から公開されて、年間のTOP3にランクインしたほどだ。映画館で3Dバージョンで見たが、2Dでも映像は十分美しいと思う。秀逸なのはストーリーで、一般的なハリウッド映画とは一線を画し、結構奥が深い。あまりにも深いので、公式的な解釈が生まれず、各々が勝手に自分の信条に従って解釈しているのが現状だ。
Zero Dark Thirty

ビンラディン暗殺計画の終始を描いた映画。CIAとか、FBI系の本を結構読んできた僕にとってはリアル感があって面白かった。米国人中心のスパイ活動の限界を感じさせる、テクノロジーだけでもやはり戦争に勝てない。しかし他人の国にズカズカと入り、人を殺すアメリカはやはり世界最強と言わざるを得ない。ビンラディンのかくれんぼ術もなかなかのものだが。

Tokyo Tower

5年ぶりに東京タワーという映画を見た。社会人になって初めて泣いた。

その頃、僕は大阪から上京し、早稲田のボロい男子寮に住んでいた。
月に2万3千円で、結局は耐震法に引っ掛かり取り壊された。
朝はあまり授業に行っていなかったし、引越しのバイトをよくしていた。
210円の学食ラーメンを食べて、夜は皆で1000円4リットルの焼酎を飲んだ。
映画の二本立てを見るのが趣味で、飯田橋のギンレイホームで東京タワーをみたことを今でも覚えている。
手持ちのティッシュを使いきっても、声が出ないほど泣いた。
主人公が自分に重なって見えた。
家族愛は無条件だ。ロジカルでもないし、スマートでもないけど、偉大だと思う。

The Social Network

The best ongoing movie I have watched this year so far.
10 times better than George Clooney’s “American”
100 times better than notorious “Wall Street 2”
The-Social-Network-Poster-Short-21-6-10-kc.jpg
Two thoughts
1) It might be commonsense, but selection of team member is extremely important for a venture’s success.
Especially for the initial team member selection, you can not pay more attention to it.
2) When Mark started to write code, Myspace already had existed for a while.
As a result, Facebook original had to differentiate itself as a exclusive network.
E.g. only allow certain university’s student to sign up, able to disclose much wider range of private information
However, after Facebook surpassed Myspace, Facebook become almost the same SNS as Myspace. It’s very interesting.
It might mean differentiation factors vary a lot on the different product cycle stage.
It can be a hint for us to tackle on some markets which considered to be very saturated.

KIN-DZA-DZA!

「不思議惑星キン・ザ・ザ」
tx3.gif
僕が生まれた年にソ連で作成されたSF映画。
ソ連全土で1520万人という驚異的な動員数を記録。
ちなみにアバターが日本における動員数は約1000万人で、旧ソ連の人口は日本の約2倍。
ソ連崩壊まで後5年。共産圏で蠢く民主化の波。
そんな時代の流れをおもしろ可笑しく表した作品だ。
kindzadza2.jpg
もちろん純粋に映画としても、十分楽しめる。
国を超えたユーモアが込められており、笑いのレベルが高い。
早稲田松竹で上映中なので、ご興味のある方は是非。

Triumph des Willens

1934年9月に開催された、第6回ナチス党大会の記録。
終始、圧倒されるばかりだった。
250px-Bundesarchiv_Bild_102-04062A,_Nürnberg,_Reichsparteitag,_SA-_und_SS-Appell.jpg
20万人を超える大衆が一斉にヒトラー式敬礼をする。表情は輝いており、心からヒトラーを尊敬していることが伝わってくる。無邪気な子供も威風堂々な親衛隊に夢中だ。
ヒトラーの演説はライブハウス状態。観衆は熱狂的に「ジーク・ハイル」と叫んでいる。「国家が国民が作るのではなく、国民が国家を作るのだ」;「単純に『私を信じる』というのでは不十分である。むしろ、こう誓うべきなのだ。『私は戦う』と!」力強いメッセージはオバマの演説を彷彿とさせる。
ドイツ帝国は金正日も驚くほどのトップダウンな命令系統となっており、ヒトラーは明確に「国民は一つ」と宣言している。これだけの作り上げたナチス党のプロパカンダ戦略にも目を見張るものがあるが、やはり情報の非対称性によるところが大きい。ITの発達によりこのような極度な中央集権国家は世から消え、国家は戦略的にごく一部の分野に絞って政策を打ち出すか、社会環境を変えることによるボトムアップからの変革の二択を迫られているように思う。

Ponyo on the Cliff by the Sea

崖の上のポニョ
監督: 宮崎駿
音楽:久石譲
キャスト・スタッフ:山口智子、長嶋一茂、天海祐希
tnr0804122121009-p1.jpg
【あらすじ】
5歳の少年宗介は、海辺の小さな町のがけの上の一軒家で暮らしていた。市街地から外れた彼の家の周囲には何もさえぎるものはなく、ただただ青く美しい海と空が広がっている。仕事で留守になりがちな父親の不在を寂しく思っていた宗介だったが、ある日、浜でさかなの子ポニョと出会うことでその寂しさも忘れ、やがて2人は強いきずなで結ばれていく。
【感想】
気がついたら映画が終わっていたというぐらい、時間を感じさせない映画だった。この映画には賛否両論あるみたいだが、現代人にとっていいサプリメントになるのではないかと思う。
この世の中で本当に重要なことは、意外とそんなに多くない。その限られた大切なものを、この映画はうまく表現している。映画の中で登場するキャラクターが、試行錯誤を繰り返しながらも、最後はハッピーエンドで終わる。未来に対する希望と勇気を分けてくれる作品だ。

Movies, Art exhibit

『夜になるまえに』
(2000年 アメリカ 133分)
■監督 ジュリアン・シュナーベル
■原作 レイナルド・アレナス
20080301105421.jpg
【あらすじ】
キューバ出身の亡命作家レイナルド・アレナスが死の直前に綴った自伝を基に、「バスキア」で監督デビューを果たしたジュリアン・シュナーベルが映画化。その波乱に満ちた生涯を力強く描く。1943年、キューバに生まれたアレナスは詩に夢中になり、カストロによるキューバ革命の熱狂を経て、20歳で作家としてデビューをはたす。が、カストロ独裁政権下では、芸術家、しかもホモセクシャルであるアレナスは激しい迫害の対象となってしまう……。
『潜水服は蝶の夢を見る』
(2007年 フランス/アメリカ 112分)
■監督 ジュリアン・シュナーベル
■原作 ジャン=ドミニク・ボビー
C0F8BFE5C9FEA4CFC4B3A4CECCB4A4F2A4DFA4EB.jpg
【あらすじ】
ファッション誌「エル」の編集長として活躍する人生から一転、脳梗塞(こうそく)で左目のまぶた以外の自由が効かなくなってしまった男の実話を映画化。原作は主人公のジャン=ドミニック・ボビー自身が20万回のまばたきでつづった自伝小説。
【感想】
この二本の映画は、いずれとも実際の自伝をもとに作成されたものである。二つの魂が、自分の土台にある価値観を大切にする重要さを教えてくれる。
世の中の大半の人間は、後者のボビーのように、人生をコントロールする機会を失ってから、本当に自分にとって大切なものに気付く。僕もそうならないように気をつけたい。
【DESIGN HUB:デザインハブ企画展】
第11回企画展:「日本のグラフィックデザイン2008 GRAPHIC DESIGN IN JAPAN 2008」
exh_011_2.jpg
デザインは、様々な消費財を選ぶときの最重要ファクターの一つとなっている。なぜなら我々が消費財に対して実用的以上もの、つまり個人のライフスタイルの表現手段、を求めているからだ。とは言っても、購買行動を起こすにあたり、デザインと機能の総合得点が考慮される。
デザインの重要度が、プロダクトの特性に影響されると見るのは、自然な考え方だろう。だが、この考えに関してのハイレベルな理論を僕は見たことがない。たとえば、CMにとって芸術的なデザインクオリティは、商品の売り上げと比例するのだろうか。
広報はもはや電通の専売特許ではないと思う。