3D printing

今学期はあるMITのコンピュータサイエンスの教授のラボと次世代3Dプリンターを世に送り出すプロジェクトに参加していた。3Dプリンター業界に対して少し考えが深まったので、少しここに書き残しておきたい
3d Printing.jpg
今騒がれている3D printingとはAdditive Manufacturingの一種で、3D printingはその中でかなりマイナーは存在
* Additive Manufacturing(AM)は簡単にいうと色々物をくっつけて製造する手法だ。家庭用のインクジェットプリンターもその一種だし、メジャーどころでいうとSelective laser sintering(SLS)などが存在する。
* 現在の3D printingのスペックでは、他のAM手法に全く歯が立たず。特にスピードや精度面で大きな課題が存在する。そのためAMという狭いエリアでも相当マイナーな存在に過ぎない
3D printingがマスプロダクションを凌駕する日はまだ遠い
* 現在3D printingの主な用途は産業向けでかつプロトタイプ向け。プロトタイプ向けの市場の中で、3D printingが占めるシェアはまだ10%程度で、プロトタイプでも色々他の手法が優位に立っている
* マスプロダクションにおいて現実的にビジネスとして成り立つものは殆ど無い。但し一部のカスタマゼーションの非常に必要な商品(iPhone Case、義足)等はコスト的に見合うかもしれない
* 3D printingは半導体と違いハードウェアで動くものなので、ムーアの法則が当てはまらず、急激なスペック改善はあまり期待できない
* 今まで産業向けのマシンはそもそも一台3,000千万円するし、累計でも数千台しか売れていない
この数年3D printingが熱くなってきたのは特許が切れたため
* 最近熱いと言われている3D printingは、趣味で買っている人向けに作られたMakerBotに代表される安いマシン
* これらのマシンが一気に世の中に出てきたのは幾つかのカギとなる特許が切れたからである
* しかしこれらのマシンはクオリティが非常に低く趣味の領域を出ない。3D printingの市場に占めるシェアもまだ10%以下と非常に低い
なので、僕はあまり3D printingに対して強気ではない。勿論、以前IBMがPCのニーズを見誤ったように、3D printingが製造業の中心を占拠する可能性は否定出来ないが。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.