Fitbit

Fitbitを使い始めてから半年以上たった。
fitbit.jpg
昨年末は賑やかだったステップ数のランキング表も、いまや僕ともう一人のみ。他の方はUnranked、つまり使うのをやめてしまった。
以前も書いたかもしれないが、結局の所インパクトがどこに効いているのかが良く分からない。最初は面白半分で皆購入するのだが、自分の健康状態とFitbitのアウトプットの関連性が見えにくくなり、途中でギブアップしてしまう。これはFitbitに限らず、ツール系ウェアラブル全般に言える話だと思う。
もう一つはハードウェア商品とのしての質の低さ。2ヶ月位Fitbitを使うと、ハンドバンドが破れて使えなくなってしまう。Fitbit Flexのリコール問題も記憶に新しい。僕が以前アマゾンで40ドル買ったカシオの電子時計は毎日付けているにも関わらず全く使用上問題がない。ウェアラブルメーカーはコンセプト中心に先走り、コンシューマ向け電子機器の基本に時間を割けなかったのだろう。従来の電子機器メーカーに学ぶところは大いにあると思う。
Nike Fuelbandも大幅にリストラされ、ウェアラブルブームは一巡したような感じがする。よりスマートなレコメンド機能、ウェアラブルのためのインプット機能、バッテリーの性能もしくは非接触型充電器の普及。この辺りが次世代ウェアラブルの開発要点なのではないか。

Leave a Reply