Light and shadow

アメリカに来てから、以前ではメディアしか知ることの出来なかったスタートアップ界の有名人に会う機会が多い。公開セミナーとかだとまだ其処までのギャップを感じないが、少人数もしくはさしで話した場合、メディアが創りだしたイメージとの違いにびっくりするケースが多い。
Light.JPG
順風満帆だと思っていた人が、実は結構どん底的な体験を何回もしていたとか。仲良さそうに見えていたファンディングチームは、実は崩壊の危機が差し迫っていたとか。偉そうに威張っている経営者が、実は相当長い間頭を下げまくってここまで努力してきたとか。
考えてみれば当たり前で、仲の良い友人でも自分のすべての包み隠さずに伝えることは少ない。赤の他人である記者に対しては、物語のごく一部しか語っていないし、自分に有利な方向に持って行こうとするはずだ。なので、就職・投資・買収・提携など重大なパートナーシップを結ぶ場合は、レファレンスチェックが不可欠になってくる。
最近読んだ本の中で、Hatching TwitterがTwitterの誕生秘話を赤裸々に書いているので、興味の有る方はぜひ読んでほしい。これがジャーナリストの腕の見せどころなのだろう。

Leave a Reply