37.5%

今日で僕のMBA生活の37.5%が終了した。今までの学びを振り返ってみたい。元々MBAに対する期待は高くなかったが、いまの所結構エンジョイしているというのが正直なところだ。
-プロダクト・サービスを作る力
今までの自分を振り返ると、コンサルとスタートアップ経営という結構ふわっとしたものが多い。パワポとかエクセルはいじれるのだが、実際のプロダクト・サービスに対する理解が全然足りない。なので、MBAというよりもMITにきて、エンジニアと仲良くなり、世界を変えるプロダクトをつくろうと思ってボストンにきた。まだまだ発展途上だが、ロケーションデータに基づいたクーポンプッシュシステムがそろそろ中国でローンチされるし、テレビの効果測定デバイスをいま作っていたり、世界最先端の3Dプリンターを作るチームのサポートしているなかで、確実にスキルセットが変わってきていると思う
-ソリューションスペースの拡張
自分のキャリアに対して、まぁまぁ真剣に考える方だが、そのソリューションスペースがこんなに拡張されるとは思っていなかった。新しくいろんなオプションに接する機会が出来たし、世界は自分が考えていたものより大分多様で大きいことがよくわかった。この夏はあるリアルタイムビッディングの会社でプロダクトマネジャーとしてインターンすることになりそうなのだが、プロダクトマネジャーという職種はアメリカに来るまで知らなかったし、この会社も勿論聞いたことも無かった。これも通常の仕事から離れるメリットの一つだろう
-ネットワークの多様化
アジアで新しい友だちができても、大体Facebookで共通の友達が数人いるケースが多い。しかしアメリカに来てから暫くは全く共通の友達がいない友人が大量に増えた。彼らは地理的にも、業界的にも、僕がいままで生活してきた世界と違うところで活躍していて、その出会いから生まれるセレンディピティに感謝する場合が多々ある。特に強い理系のバックグラウンドを持つ方々と、シナジーを出しながらプロジェクトを通じて信頼関係を築けたのは良かった
-英語圏で生きていくことに対する自信
非常に低レベルの話で恐縮だが、外資コンサルを卒業し、TOEFLもそれなりの点を取っていた僕だが、最初は本当に授業についていくのが精一杯だった。教授の話には何となくついていけるのだが、クラスメートの発言は理解できないし、夕方頃になると英語で脳がパンクし上手く働かない。それがいろんなプロジェクトワークをやっているうちに、普通に英語で仕事ができ、プライベートでも結構仲良くなれたのは個人的に素直に嬉しい。恐らく最近の話している言語は、8割英語、1割日本語、1割中国語くらいではないか。アジアの外資系で働いていたら、ここまでのレベルアップは無かっただろう
どんなことでも大体ラーニングカーブは低減していく。果たして二年目でどのような学びがあるのか。

Leave a Reply