Average and median

昨日Zyngaがキャンパスで就活説明会をやっていたので覗いてみた。
昼飯も出たし、ボールペンとTシャツまでもらったのだが、正直あまり応募する気にはならない。
ソーシャルゲームの世界は、昨年からパフォーマンスの二極化が起きている。グローバルのトップタイトルは月間100億円以上の粗利を稼ぎだす一方、平均的なタイトルの開発費は増加する一方収益はそこまで増えていない。つまり平均は増えているが、中央値は下がっている。これはアーティストとかスポーツ選手の世界に近くて、フレームワークとか、分析とかではもうどうしようもない世界何だと思う。なぜならロジカルな分析は、平均より2割増しにするための道具だから。個人的な考えだが、Zyngaはこれから伸びる新しいプレーヤーに勝てないと思う。Kingだってあと3年もすればまた新しいプレーヤーに負けているだろう。
この分散モデルはスタートアップにも応用出来るような気がしていて、一般にスタートアップにおける給与は、サラリーマンのそれに比べて、平均が高く、中央値が低いと思う。一般企業はトップ1割のタレントを扱いきれないし、そういう人がスタートアップをやっているのだから、平均値は高くて当然だ。でもリスクも大きいということ。やはり若い時に起業したほうがいいのかもしれない。

Leave a Reply