18th National Congress of the Communist Party of China

今日第18回共産党大会が閉幕し、明日の朝に今後10年に渡り、中国の権力のトップに君臨する7名の政治局委員が決まる。
日本の内閣とは大きく異なり、この7名の顔ぶれは今後の中国を決めるインパクトがある。それだけ重要なメンバーを決めるので、第18回共産党大会も国民生活にかなりの影響を与えている。その一例を紹介しよう。
1. Gmail
Gmailを始めとするほぼすべてのGoogleのサービスが大会中使えなくなっていた。先週一時世界中のGoogleサーバーが数十分ダウンしていたが、中国においては10日間程度ダウンしていた同様だ。僕の会社のメールは、Gmailに紐付いているので、VPNを繋げないと仕事ができない。そのVPNも恐らく監視対象に入っており、極めて不安定だった。
2. 北京マラソン
先週末に北京マラソンの応募がやっと始まった。例年より2ヶ月遅い11月末の開催だ。これだけの規模のマラソンで、応募開始から2週間で開幕するマラソン大会は世界的に見ても例が無いだろう。残念ながら、私も参加も見送った。恐らく、若い軍人と大学生を動員し、何とか大会らしく運営するのだろう。政治的に敏感な時期に、天安門の前に大量の群集に走られたら厄介なのだ。
3. タクシー
先月から何回か北京に出張する機会があったのだが、タクシーに乗ると、なぜか後部座席のドアノブが外されている。運転手さんに聞いてみると、会社の命令とのこと。ネットでちょっと調べたら、反体制的なビラを配らせないようにするためだそうだ。うーん、ここまでよくなるなぁ。

iPhone to Galaxy

先月iPhoneをなくしてしまってので、モトローラの古い携帯でなんとか我慢していたが、遅さに耐え切れずGalaxy S3を購入した。もちろん、iPhone5を買うという選択肢もあったのだが、iPhoneを無くしたのにまた買うのもちょっとだったし、それよりも今後伸びると思われるアンドロイドの中で最も売れているGalaxyシリーズを試して見ることにした。
galaxy-s3.jpg
使い始めて二日間、感想を書いてみると
1.画面が大きい
実はこれが最後までGalaxyの購買を踏みとどまらせていた理由だが、使ってみると意外と悪くない。特にiPhoneを使っている友人の画面を覗きこむと、ちょっと小さく感じる。パンツのポケットにも入るし、表示できる情報量が多くて助かる
2.早い
これは発売当初から言われていることだが、確かにスピードは早い。しかし、僕は基本ビジネス目的でしか使っていないので、以前使っていたiPhone4Sと比較してもあまり体感速度に変わりない気がする。むしろ、インターフェースの作りこみ的に、iPhoneのほうが優れているので、iPhoneのほうがスムーズに感じられたりする
3.モーション機能はあまり意味が無い
あなたを理解するスマートフォンGALAXY S3というキャッチフレーズがあるが、Galaxyの目玉機能であるモーション機能はあまり使えない。発想自体は悪くないのだが、細かいところのちょっとの作りこみが甘く、継続的に使おうという気にならない。今後乞うご期待という感じだが、アンドロイドを使っている限り厳しいところもあるかもしれない
4.PC側のソフトが不安定
Samsung Kiesというのが、PC側のソフトなのだが、これが非常に不安定。iTunesからPodcastを読み込もうとしたが、10回試してもすべてどこかでフリーズし強制終了した。結果的にサードパーティのソフトを使うことになるのだが、これも端末側の不安定さを増長する一因となる。Windowsにも言えていることだが、Appleの生態系は閉じられているので、圧倒的に管理しやすいし安定的だ