Market research in China

金曜日の夜、近所のカルフールに買い物に行く。
いつもと大体同じ物を買って、レジを出る。
ある元気のよいおばさんに呼び止められた
”エコバッグいらないかい?簡単なアンケートをやってよ”
いつもだったら無視して振り切るのだが、金曜日の高揚感からか会話に乗ってしまう。
聞くところに依ると、カルフールがやっているもので、消費者の購買行動を探るものらしい。
すこし迷っていたら、カートがおばさんに奪われ、半ば強制的にアンケート記入台に通されていた。
アンケート用紙を見ると、5,6枚はあって、少なくとも15分間は掛かりそうな感じ。
”これー、3分以上かかるんだったら、もう帰りますけど”
”すごく簡単だから、ちょっと待ってね。本当にすごく簡単だから”
おばさんは必死に僕を説得する。
そこで僕の年齢、住所を聞いてきた。どうやらおばさんが代わりに書き込んでくれるらしい。
いや、それ以降のすべての記入項目も、おばさんが勝手に記入しているではないか。
しかもバレないように、非常に満足と満足をほどよいバランスで織り交ぜている。
途中でマネジャーらしき人が来たが、全く注意をしていない様子。
そして約3分後、おばさんはアンケートの記入を終え、僕にエコバッグを手渡した。
”ほら、すごく簡単だったでしょ”
うん、確かにこれより簡単なアンケートはないかもしれない。
思わず集計されたこのアンケート結果を分析するコンサルタントの姿を想像してしまった。
頑張れ、コンサルタント!

Leave a Reply