Chinese government's financial statement

どこの国の政府も、どうやって税金が使われたかもできるだけ分かり難くしている。
日本の政府はすでに芸術的境地に至っているわけだが、中国も負けていない。
とりあえず、上海市の財政状況を分析してみた。
2011年の上海市財政収入総額は3420億元。
内訳をみると
法人税700億元、所得税300億元、不動産税74億元、契約収入(詳細不明です)140億元、その他税収入231億元、その他収入170億元、国有企業収入マイナス9億元
足しても3420億元にならないが、気にせずに次に進もう。
上海市は地方財政収入以外にも、中央財政剰余金や地方債発行収入等が収入としてあり、これらを合計すると4022億元になる。
それ以外に政府性基金収入も上海市のお財布の一部だ。悪名高い国有土地移譲金もこれに含まれており、合計1808億元となり、実に地方財政収入の半分に達する。しかも政府性基金は中央からの補助もあり、合計すると2101億元になる。
上の話をまとめると、合わせて6123億元が予算ということだ。
実はこれ以外に予算外収入というものもあり、ナンバープレートのオークション費などがあげられる。
上海は市内の自動車購入を抑制するために、ナンバープレートをオークション制にしており、平均5万元程度で売買されている。これだけで、47億元の収入になる。その他の詳細は公開されていないので、実際上海市が使える金額は結局のところ良くわからない。
面白いのが増加率
GDP 8.2%
地方財政収入 19.4%
ナンバープレートオークション費 13%
政府性基金収入 -20%
収入の増加に対する最大のレバーは不動産業界という話も納得が行く。

Leave a Reply