Chinese government's financial statement

どこの国の政府も、どうやって税金が使われたかもできるだけ分かり難くしている。
日本の政府はすでに芸術的境地に至っているわけだが、中国も負けていない。
とりあえず、上海市の財政状況を分析してみた。
2011年の上海市財政収入総額は3420億元。
内訳をみると
法人税700億元、所得税300億元、不動産税74億元、契約収入(詳細不明です)140億元、その他税収入231億元、その他収入170億元、国有企業収入マイナス9億元
足しても3420億元にならないが、気にせずに次に進もう。
上海市は地方財政収入以外にも、中央財政剰余金や地方債発行収入等が収入としてあり、これらを合計すると4022億元になる。
それ以外に政府性基金収入も上海市のお財布の一部だ。悪名高い国有土地移譲金もこれに含まれており、合計1808億元となり、実に地方財政収入の半分に達する。しかも政府性基金は中央からの補助もあり、合計すると2101億元になる。
上の話をまとめると、合わせて6123億元が予算ということだ。
実はこれ以外に予算外収入というものもあり、ナンバープレートのオークション費などがあげられる。
上海は市内の自動車購入を抑制するために、ナンバープレートをオークション制にしており、平均5万元程度で売買されている。これだけで、47億元の収入になる。その他の詳細は公開されていないので、実際上海市が使える金額は結局のところ良くわからない。
面白いのが増加率
GDP 8.2%
地方財政収入 19.4%
ナンバープレートオークション費 13%
政府性基金収入 -20%
収入の増加に対する最大のレバーは不動産業界という話も納得が行く。

Mr. Ando in Shanghai

上海で安藤忠雄の講演会に行ってきた。まず名前からしてすごい「アジアの時代-万人講演会」。
実は学生時代に安藤さんの講演会に参加したことがあるのだが、早稲田大学の一室で、無料で開催されていた。おそらく200名くらいが参加していて、アットホームな感じだった記憶がある。しかし今回は上海最新鋭のアリーナを埋め尽くしての講演会。安藤忠雄もこんなに広い会場での講演会は初だと言っていた。
20101121288660298814_388.jpg
驚いたのが、
-アリーナの9割くらいが埋まっていたこと
-そしてダブ屋からチケットがほとんど入手出来なかったこと
-最後に観客が実に熱心に安藤さんの講演を聞き入れていたこと
結局一番安いチケットを買って、一人あたり約3000円程度。
日本で安藤忠雄が講演して、3000円で一万人も集まる気は全くしない。
中国の不動産の帝王・億万長者である王石がゲストとして参加していたが、彼が安藤さんの大ファンであるもの意外だ。安藤さんが、稲森さんとか松下さんとかとほとんど同格で語られていた。
日本のクリエイティブ力は、まだ世界特に新興国で圧倒的ポテンシャルを秘めていると感じた。

My last week's schedule

上海にきてアパレルの仕事をするようになってから、
スケジュール、特に夜の過ごし方がだいぶ変わってきた。
コンサルタント時代こんな感じだったスケジュールが
月曜 オフィスでエクセルと格闘
火曜 ホテルでパワポを作成
水曜 白酒ディナーで死亡するもパワポ作成
木曜 フライトが遅れ、機内でパワポ
金曜 成田エキスプレスで爆睡
先週の例でいうと
月曜 パートナー企業の社長接待で日式カラオケ
火曜 ジムでトレーニング
水曜 某下着ブランドのファッションショーに参加
木曜 上海のOLたちとディナー
金曜 某MBAの上海支部設立パーティに出席
こういう感じに変わってきている。
久しぶりにパワポでも作らないと

Taobao

Taobaoとは中国のモンスターECプラットフォーム。
安かろう悪かろうのイメージが払拭できていないとはいえ、
ウーメンズアパレルECの8割を持ち、圧倒的ガリバーだ。
12329671876958682435.jpg
このTaobaoが最近この膨大な顧客データを一角を無料で公開している。
それには実に衝撃的な数字が並んでいる
-2011年の一日の最高売上高は、約600億円。北京と上海の小売市場の合計額よりも多い
-一分間に2358着の服を売り、一年間に販売した服をつなげると月と地球の間を二回往復可能
-2011年の一日のユニークビジター数は1.2億人、これは中国のネットユーザーの3分の一に相当
-携帯による販売量が前年比で6倍増え、年間で1400億円程度まで増加
-一日に800万個の宅急便を発送しており、中国宅急便件数の6割を占める
-高額な購買が増加しており、Taobao不動産は一日に150億円相当の販売を記録
Taobaoが好きか嫌いかはさておいて、ECをやっている以上、出店するしか選択肢はない。