Why it’s easier to get tired on the plane?

最近ほぼ毎日飛行機に乗っている。ずっと不思議なのは、ただ座っているだけなのに、なぜか疲れてしまうのだ。いくつか原因を考えてみた
1. 超文系バカの同僚曰く、人間は高速移動中分子レベルでダメージを受けるから疲れる。これは非科学的な気がする
2. 拘束されていて、自由度が少ないことによる心理的な疲れ。これは一理あるが、ビジネスクラスでもあまり疲れの度合いに変化はないので、ちょっと怪しい
3. 飛行機に乗る前後の、空港までの移動、チェックイン、出国手続き、税関、待ち時間、延着、荷物を受け取る等の手続きが煩雑で疲れてしまう
4. 食事を摂るリズムが崩れ、その上大したものが食べられないことによる疲れ
5. 知らない人と隣合わせで長時間過ごすことによる心理的な疲れ
6. 狭い空間で無理やり仕事をするため、窮屈+非効率性による疲れ
いずれにせよ、飛行機に乗るとそれだけで疲れるので、ついつい仕事をした気になってしまう。でも傍からみると、単に仕事をせずに座っているだけにも見える。他の人は必殺回復法でも持っているのだろうか。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.