Foreign companies in China

昨年末以来、中国で外資系のトップが相次いで賄賂の容疑で逮捕されている。
Rio Tintoの元ヘッドは10年の禁固刑、部下の3人も7-16年の刑。
110223574.jpg
化粧品のAvonも先月CEOとCFOが、官僚を接待旅行に連れて行ったとして逮捕。ダイムラーも5000万ドルを超える賄賂を渡した容疑で幹部が取り調べを受けている。
グレードに差はあるにせよ、何らかの形で外資系企業は中国政府との関係構築を行っている。黒のケースは少ないかも知れないが、グレーのケースはかなり一般的だ。
その多数あるグレーのケースから、特定の企業のみを取り出して見せしめにするのは、中国政府が外部に対するシグナルと認識する必要があるだろう。
中国国務院は先月外資に関する新しい指針を発表し、高端制造业(ハイエンド製造業)、高新技术产业(ハイテク産業)、现代服务业(先進的なサービス業)、新能源和节能环保产业(再生エネルギー及び省エネ産業)に関する投資を促進するとした。このような訴求価値を持たない外資企業は優遇しないとも取れる。
中国駐在の日本商工会議所は、中国政府にホワイトペーパーを提出し、より公平なマーケット整備を要望した。これが全く無意味だと言わないが、中国にとってどのような価値が提供できているかを一度真剣に考えるべきではないか。弱肉強食の世界で、ルールの整備を待っている暇はない。

2nd year consultant

入社して早一年、夏以降は本当に一瞬だった。
この一年を定量的に振り返ってみたい。
まずは労働時間。先週木曜時点で総労働時間は3005時間。
近所のマクドナルドの時給は1050円なので、換算すると315万円。
やはりコンサルという仕事は金銭的に割に合わないし、それをモチベーションとする人は辛いと思う。
次はプロジェクトの種類。全部で6つプロジェクトをこなした。
会社の自己紹介欄から引用すると

Industry
* Banking and Securities (46%)
* Insurance (39%)
* Consumer/Packaged Goods (15%)
Function
* Operations (46%)
* Organization (37%)
* Strategy (17%)
Geography
* Japan (100%)

Industryは金融に偏っているが、これは1年目のスタートを切る上で良かったと思う。後半からは他の業界にも守備範囲を広げており、二年目の終わりにはもっとバランスが取れたものになっていると嬉しい。
Functionは二つ目のプロジェクトで行ったコスト削減以外は、すべて所謂戦略物だ。オペレーションはやろうと思えばいつでも出来るので、暫くはこの方向性で行きたいと思う。
Geographyは前回のプロジェクトで初めて中国に行ったくらいで、まだまだ日本中心だ。夏の語学留学以降は、半分程度を海外にしたい。

Song-san [Live 2011]

この新卒向け説明会に参加したら、僕の進路は違っていたかも知れない。
志を追い求める強い心、圧倒的な行動力、ここぞと言うときの勝負勘。
やはり孫さんは突き抜けてすごい。
彼は認めないかも知れないが、無謀と思える行動の裏には緻密な計算がある。外向きにはその行動を繋げて、マーケティングの一貫として、自信のブランドエクイティを向上させている。
http://www.ustream.tv/flash/video/5828069