Larry King Live: Bush exit

史上最悪の米国大統領と酷評されているブッシュだが、21日にはホワイトハウスを出ることになる。CNNのLarry King Liveに、Lauraと一緒に出演していたビデオが面白かったので、ご紹介する。
CNN.JPG
ご視聴はこちらから。
Larryの「今のアメリカは、8年前とくらべてどうだったか」という質問に対して、ブッシュの答えは、「We understand real danger that we face」というもの。そのdangerが必要なものかどうかは、時間が教えてくれるだろう。8年間を総括した本を出版すると述べていたので、楽しみにしておこう。
ファーストレディーの話も興味深かった。彼女の話が長くなると、ブッシュの表情が若干怪しくなっていたが気がかりだが。麻生首相の会見に千賀子さんが同席するのは、日本では到底考えられないことだ。
20日にオバマは就任式を迎えるわけだが、本当に前途多難な船出となりそうだ。
今日の日経一面に、シティの会社2分割プランが出ていた。不良資産を分離するために、会社を「シティコープ」と「シティ・ホールディングス」に分け、不良資産をすべて「シティ・ホールディングス」に押しつけるというもの。ここまでは教科書的に対応できたが、問題はこれからだ。
シティは簿外に膨大な不良資産を抱えていて、その額は実に1兆1440億ドル。その30%でも回収できなくなれば、米国が全力を挙げてもシティを救えないかもしれない。ちなみに、米国の国家予算は2兆9020億ドル。
President Day(February 16)までに、オバマの8000億ドル規模の景気刺激策が議会に承認されるのは難しいみたいだ。可決されたとしても、シティだけで食いつぶされてしまうかもしれない。
オバマ一人で世界が救えると期待するのは、楽観的過ぎたようだ。

Leave a Reply