Stand under a waterfall, meditation

先日ラックファクターメンバーの一人と、一泊二日で滝行、瞑想の旅に行ってきた。本当は夏前にラックの全メンバーで行く予定だったが、それが登山合宿になってしまったので、滝行、瞑想合宿は中止となった。そのリベンジも兼ねて、青梅御岳山にある「静山荘」にお邪魔してきた。
takigyou.jpg
○滝行
滝の激流でかなり痛いのかなと思っていたのだが、それよりも凍りつけるような水温が関門だった。まずは滝のそばで、ふんどし一丁に着替える。そして神道の様式に則って、神への言葉を唱える。己を捨てて、山と一体になることをイメージするように言われるのだが、滝に入った瞬間、もう立っているのが精一杯。30秒ほどの滝行が終わると、すでに全身震え上がっている。これぞ修行という感じだ。
○瞑想
瞑想は、座禅のようなものをイメージしていたのだが、いたって現代的心理療法のようなものだった。瞑想後は、蓄積されたエネルギーを使って簡単なエクスサイズをするのだが、自分でも信じられないような現象が普通に起こってしまう。科学の限界を垣間見た瞬間だった。

Leave a Reply