Lady Chatterley

レディ・チャタレー
# ジャンル : 恋愛
# 製作年 : 2006年
# 製作国 : フランス
146997.jpg
【あらすじ】
英国中部の炭坑の村、ラグビー邸の主であるクリフォード・チャタレー卿は第1次世界大戦に出征し下半身不随となって帰還する。妻のコンスタンスは夫の世話とわずかな家事をこなすだけの生気のない日々を送っていたが、看護人のボルトン夫人を雇ったことで陰鬱な屋敷から少しばかり解放される。ある日、散歩に出た森の中で猟番のパーキンと出会い、その肉体的な存在感に心惹かれ、彼の小屋に足繁く通うようになる。
【感想】
RG-18の映画だったが、実際の客層はRG-50ぐらいの感じだった。
しかもそのほとんど夫婦での参加で、その世代がこの映画に対する注目度に驚いた。
「レディ・チャタレー」は20世紀最高の性愛文学と言われているが、その良さが僕にはいまいちわからなかった。そこらへんで売られている、その類の本と大きな違いはない気がする。映画として、カメラワークやワンシーンの時間などに独自性を感じたが、それが良いかどうかもよくわからない。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.