Letters from Iwo Jima

大阪で暇だったので、映画を見に行った。どうやら、ぼくは旅先で映画を見る習性があるらしい。
<硫黄島からの手紙>
監督 クリント・イーストウッド
出演者 渡辺謙
二宮和也
伊原剛志
加瀬亮
中村獅童
060814iwojima_main.jpg
【あらすじ】
第二次世界大戦中の硫黄島の激闘を日本側の視点から描く「硫黄島からの手紙」とアメリカ側の視点から描く「父親たちの星条旗」の2部作。
【感想】
アメリカ人の監督が撮った作品だとは思えない仕上がりだ。米軍の不手際も余すところなく描いているし、日本軍側もできるだけ客観的に描かれている。また通常のアメリカ映画とは違い、繊細な感情の描写も行われていた。
日米の間にはさまれていながら、軍人としての使命をまっとうしたのは西大佐である。これは僕にとって他人事ではない。本当に難しい決断だと思う。最も僕みたいな貧弱な者は、大佐などにはなれず、その意思決定はほとんど意味をなさないと思うが。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.