25th Japan-China Student Conference 2th day

通訳についてもう少し書きたいと思う。
通訳している時間が長くなるにつれて、自分の考えがどんどん消えているような気がする。最初のうちは言葉の意味を考えて発言の流れを汲んで、自分で納得しながら訳していたが、そのうち単に単語を機械的に訳すようになってしまった。自分の口から出ている言葉なのに、自分の脳で考えられていないというには不思議な感じだ。通訳を一生やっていたら、自分の個性が埋もれるような気がして怖い。
また通訳というのは、相手の発言のすみずみまで聞かなければならない。普段僕は相手の発言を聞き流していて、重要なキーワードだけでイメージを膨らましていた、ということが今回の通訳を通じて分かった。ずっと集中して相手の言葉を聴くのは、かなり疲れる。そしてその人の話す癖や話の無駄な部分もよく分かる。
IMG_1733.JPG
二日目はフィールドワークで富士フィルムへ行った。今回のテーマはCSRということで、CSR担当の方のお話を聞いた。個人的には、一般社員さんの話も聞いてみたかった。CSR担当の方から、会社が本当にCSRをどう思っているかを知ることはできない。自分の担当が重要ではないというバカはいないからだ。感想として、CSRは単に企業の社会貢献をほかの単語に置き換えただけのような気がする。言葉を変えると言葉の中身も変わって、企業がより社会のために考えているというような気がするが、実際のところほとんど変わっていない。また何年後に似たような概念が違う言葉で登場するだろう。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.