今後三年間の戦略について

ビジョン: 戦略系経営コンサルタント。
現状: できてそうで、実は平凡な学部二年生。
戦略=どうやってこのギャップを埋めていくか。
まず、コンサルになるには何が必要となるのかを調べてみた。
1. 聞き上手、人に対する好奇心、信頼される人柄、説得力。
2. 客観的にものを見る力、問題解決力、論理力、ビジネスに関する知識。
3. 精神的なタフさ。
4. 語学力(英語)。
それぞれに対して、対策を練る。
1. これは営業全般に関していえることであり、ビジネス以外の場面でも力を発揮するスキルである。これは鍛えるのは、実践が一番であって、教科書上では絶対マスターできない。それゆえ、いまのパソコン販売のバイトで徹底的にセールスの練習をする。また、積極的に知らない人に話しかける、特に自分とタイプが違う人間にだ。そこでできた人脈も貴重なものとなるだろう。
2. これに関しては、理論と実践の二本柱でやっていきたい。理論的には、2年生の間一橋経済学部の授業を生かし、3年生の時にはがんばって商学部のゼミに入り、基礎体力を付ける。また、実験やワークショップを重視する。そこで得た知識をいまやっている中国語学校の経営に実践的に生かしてみる。もしうまくいかなかったら、フィードバックをもらって理論を参照して改善に努める。
3. 自分から自分を限界まで追い詰める。使えそうな時間をすべて使い切る。がんばらないといけない状況にする。そういう雰囲気のコミュニティに行ってみる。
4. 毎日こつこつ勉強する。目標としては、2年生の終わりごろにTOEIC850点以上を取りたい。しゃべれる英語よりも読み書きできる英語に重きを置く。
そして最も重要なのが、自分の目標を常に頭の中でイメージして、それに向かってひたすらがんばることである。

Leave a Reply