株は企業の資金調達源なのか?

今日ひとつ素朴な疑問が浮かび上がった。株価が上がると、企業に入るお金が増えるのだろうか。そんなの当たり前だと思っていたが、少し考えてみるとおかしいと気づいた。
たとえば、Aさんが1000円でX社の株を100株買う。それが1200円になった時点で、Aさんはそれをすべて売却する。それをBさんが1200円で買う。この中で、Aさんは200円の差額を儲け、証券会社は手数料をもらう。しかし肝心のX社は何も得ていないじゃないか。株は動かぬ資金であり、それを企業に対して払い戻しを要求することは不可能だ。だから、人に転売するしかない。だがそれだと、企業は新規に株を発行しない限り、お金が入ってこないことになる。
学校で経営、経済を学んでない僕の上の議論は間違っている可能性大だ。ぜひとも指摘してほしい。もし上の議論があっているとすると、株価の上昇は間接的に企業に利益をもたらすのだと思う。一般的に市場価値が高いとなんとなく企業がすごそうに見えるし、新たに株を発行するときも買い手がすぐ見つかる。しかし、それだったら社債でもいいのではないか。たしかに株のほうが一種の広告とはなるが、資金調達の観点から言うと社債も全く問題ないような気がする。

Leave a Reply