英語をどう学ぶか。

一ヶ月は早いものだ。ダブリンに慣れてきたと思ったらもう帰らなければならない。さてぼくは英語を学びにアイルランドに行ったのだが、その成果はまずまずだと思う。とくに、Speakingに関してはだいぶ進歩したような気がする。言葉は幼稚かもしれないが、自分のいいたいことをだいたい伝えられるようになった。まぁ、一ヶ月間ほとんど英語だけの生活をしていれば、いやでも伸びると思うけど。
今はこのやっと身に付いたSpeakingが退化するのが怖い。全く気にしなかったら、一ヶ月で元に戻ってしまうだろう。英会話教室はお金がかかるし、周りに英語ぺらぺらの人間もなかなか居ない。ここで一つ疑問が浮かび上がる。果たして、日本で英語の会話力は必要なのだろうか。よく考えてみたら、全くと言っていいほど英語をしゃべる機会がないと思う。勉強においても、読み書きさえ出来れば困らない。つまり、将来も日本に居続ける人にとっては、英会話を勉強する意義はあまりないのだ。では、ぼくみたいな将来英語圏への留学を考えている人はどうなのだろうか?答えは同じだと思う。今回の短期留学でよくわかったのは、日本国内で会話力をつけるのは至難の業だということだ。日本にいる限り、会話時間が絶対的に足りない。会話力をつけるには、英語圏に行くのが一番手っ取り早いと思う。結論として、ぼくは日本で英会話を勉強するのはナンセンスだと思うのだ。じゃあ、なぜ日本で英語を勉強しなければいけないのか。ぼくにとっては、いまの大学、将来の就活で必要になるからに他ならない。大学と就活で使う英語力は、ほとんど読み書きと試験だ。そこで問われるのは、語彙力と文法。文法に関しては、日本はかなり進んでいると思う。こちらのネーティブはフィーリングで文法を教えようとするが、日本はそれを定式化してしまう。各種試験対策参考書も、英語力のアップにつながるは微妙なところだけど、点数を伸ばすにはもってこいだ。
これで、ぼくの英語の方向性が見えてきたと思う。一つの試験を目標に頑張るべきだ。具体的にいうと、今年中にTOEICを少なくとも850点以上にしたいと思う。いままでずっとTOEFLを受けてきたが、近い将来必要となるのはTOEICなので、ここは潔く切り替えることが重要だと思う。
書いたからには、これから日々頑張りたいと思う。

Leave a Reply