ロンドンは晴天なり。

IMG_0357.JPG
飛行機が予想以上に早く着いてしまったために、ヒースロー空港を散策した。
まずは車のナンバープレート。なんとアルファベットと数字の組み合わせで7から8文字だ。パスワードとしては、最適かもしれないが、何かあったときどうやって一瞬でこれを覚えるのだろうか。たぶん、イギリスの警察は記憶力が良いのだ。
あと、空港内のすべての液晶パネルがサムソン製だった。さすがと言わざるをえない。そして、壁にいっぱいのボーダフォンの広告。これでもかと言うほどだ。その中になぜかiモードの広告が混じっている。
アイルランドへの乗り換えは、英国国内と一緒の扱いだ。英国はまだアイルランドを自分たちの一部だと思っているのだろうか。ダブリン空港はロンドンをどういう風に表示しているかを見てみたい。アイルランドへの乗り換えはかなりマイナーのようで、入国検査のところには、審査官が二人座っているだけだった。ぼくを暇つぶしの材料ととらえたようで、雑談が始まる。
「何でアイルランドに来たの?」
「英語を学びに来ました。」
「他の国でもよかったんじゃないの?」
「アイルランドの音楽が大好きなんですよ。」
「どのバンド?」
「U2」
「U2は好みじゃないね。何か踊りはするの?」
といった具合だ。入国拒否されるといけないので、細心の注意を払って解答した。最終的には、通してもらったが、かなり疲れてしまった。

Leave a Reply