血と骨

邦画ドラマ -人情/喜劇
2004年日本
※15歳未満に制限あり
監督:崔洋一
脚本:崔洋一
原作者:梁石日
脚本:鄭義信
撮影:浜田毅
出演者:ビートたけし 、新井浩文 、田畑智子 、オダギリジョー 、松重豊 、國村隼 、鈴木京香
これだけ、グロテスクでダークな映画は今まで見たことがなかった。最初から最後まで笑えるところが全くない。むしろ殴り合い・暴行・強姦の連続で、映画が終わってもしばらく現実に戻れなかった。ビートたけしはこの中で、怪物的な暴力男を演じているが、その演技には圧倒される。なぜそこまでできるのか。プロとしてのすごさを感じる。あと、なぜオダギリジョーがこの映画に出演しているのかが、不思議でならない。

Leave a Reply