ZIPANGU Stage 「選ばれなかった男」

はじめて自分でお金を払って、芝居と言うものを見ました。
多くの芸術とは違って、生身の人間が目の前で演技しているので緊張感がずっと保たれる。役者さんは観客を全く気にせず、最初から最後まで私たちがいないかの様に振舞っていた。映画とは違って、カットできないつらさがある。何かハプニングが起こっても、アドリブでなんとかしなければならない。一時間半分のせりふを覚えるのは大変だろうなぁとしみじみ感じた。
「選ばれなかった男」がいつか出てくると期待していたが、結局最後まで現れなかった。

Leave a Reply