愛と平和

先週はジョンレノンの25年目の命日だった。彼は僕たちに「愛と平和」というメッセージを残してくれた。しかしこれは単なるメッセージでいいのか?ぼくが思うには、「愛と平和」というメッセージを叫び続けていても、世界はよくならないし、戦争を起こり続ける。しかし現にこの世界には「愛と平和」というメッセージを叫んでいるだけで満足している人たちがいっぱいいる。
イラク戦争は「愛と平和」なのだろうか?グローバリゼーションは「愛と平和」なのだろうか?まず世の中の一つ一つの物事に自分なりの意見を持つことが必要だと思う。(ジョンがベトナム戦争などに対して行ったように)そしてそれらの物事に対して自分に「何ができるのだろうか?」と問いかけてみる。最後に行動を起こす。これがジョンの本当に言いたかった「愛と平和」なのではないだろうか?

Leave a Reply